プロテインのプレゼント企画実施中!詳しくはこちら!

マイプロテインでの支払い方法でクレジットカード以外に購入する方法

スポンサーリンク
学生やクレジットカードを持ってない人でもマイプロテインで買い物できます!のアイキャッチ画像これだけは知っておきたいマイプロテインの基礎知識
この記事は約6分で読めます。

次回のマイプロテインのセール予定は12月12日です。

らすかる
らすかる

ゾロ目セールが来るにゃ!
詳しくはこちらにゃ!

こんにちは!リウです!

先日Twitterでたまたま以下のツイートを見ました。

そう、クレジットカードが無くて、マイプロテインで買い物したくても買えなかったという話です。マイプロテインに確認したのですが、現在はカード決済のみの対応で今後もカード決済のみとのこと。

楽天やAmazonでもマイプロテインは買えますが、やはり公式サイトの割引率に比べると公式サイトで買った方が圧倒的に安い。

こんな話で困ってる人、特に学生さんに多いかと思います。

そこで今回はなんとか出来ないか方法を考えました。その方法とは、

  • Vプリカを使う
  • カードを作る

のどちらかの方法です。この方法でマイプロテイン公式でも購入ができるようになります。

特に2つ目のカードを作るって何言ってんだ?と思うもしれまんせんが、実は作る方法があるんです。

それでは詳しく説明します。

LINE@やってます!

マイプロテインでの決済方法はカードのみ

マイプロテインはカード(VISAやJCB、MasterCardなど)での決済しか対応していません。
最近ApplePayやGooglePayにも対応したようですが、これらのチャージにはカードが必要なので、結局カードが必要ということです。

これはマイプロテインの会社がイギリスにあって、ポンド(イギリスの通貨)と円の為替関係から銀行振込、代金引換の対応は今後もないと思われます。

ではカードを持ってない人はマイプロテインで買い物が出来ないのか?
この答えは”出来る!”です。

VISAやJCBとは、クレジットカードで決済ができる決済システムを提供している会社のことです。
世間にはクレジットカードはVISAかJCB、MasterCard、American Express、Diners Clubのどれかに属するカードしかありません。

VISA決済ができるVプリカを使う

Vpurica

Vプリカとは、

Vプリカは、インターネット専用のVisaプリペイドカード。
インターネット上のVisa加盟店なら世界中どこでもクレジットカードと同じようにご利用できます。

参照 Vプリカ公式サイト

こういうものです。つまり、クレジットカードではないけど、クレジットカードと同様にVISAで決済ができるものです!

このVプリカはコンビニに行けば売っています。
Vプリカのアカウント作成は必要ですが、面倒な審査や手数料などは全くありません。

コンビニに売ってるAmazonギフト券などのプリペイドカードに近いです。

未成年未満は保護者の同意が必要です。
未成年であっても特に審査などはありませんが、利用規約としては保護者の同意が必要となっています。未成年の方は保護者に同意を得て利用しましょう。

使い方はVプリカ公式サイトに書いてありますので、そちらを参照ください。

Vプリカ公式サイトへ行く

実は学生でもカードは作れる!ただしデビットカード

Vプリカを何回も買ってくるのは面倒だし、Amazonや楽天など他の決済にも使いたいって方はカードを作ることをお勧めします。

ただし、作れるのは「デビッドカード」です。カードを持ってない学生、未成年などでも作れます。

デビットカードとは??

デビットカードとは簡単に言えば、決済した瞬間にATMなどの銀行口座から引き落としされるカードです。

まずクレジットカードとの違いを説明します。

クレジットカードは、クレジットカードで決済するとカード会社がその場ではお金を出してくれて支払ってくれます。
そして次の月などにクレジットカード会社から請求が来て支払うという流れです。

つまり銀行口座にお金が無くても買い物ができるのです。

凄く便利な仕組みですが、クレジットカードは次月支払い能力があるという信用(英語ではクレジットの意味)がないとカードを作れないのです。収入が不安定、もしくはそれが無い学生は必然的に信用してもらえずカードが作れないのです。

一方でデビットカードは、決済した瞬間に銀行口座から買い物した額だけ引き落とされます。もし銀行口座にお金が入ってなければ決済は通りません。ですので、別にクレジットカード会社からの信用も必要ないのです。

デビットカードだとその場で引き落とされるので、次月の請求などもなく安心して使えます。

デビットカードはクレジットカードに劣るのか?→そんなことは無い

デビットカードは学生でも作れるし、審査もありません。

それでクレジットカードに劣る(機能的に)のかというと、全くそうではありません。

僕も今はほとんどの支払いをデビットカード で決済してますが、決済できなかった。と言うことは一度もありません。

「クレジットカードのみ」と書いてるお店やオンラインショップでも、デビットカード も使えます。もちろんAmazonや楽天市場でも使用可能です。

ですのでクレジットカードじゃ無くてもデビットカードで十分です。

おすすめは楽天銀行のデビットカードを作ること

楽天市場で有名な楽天が運営してる楽天銀行でカードを作るのがおすすです。

このデビットカードは年会費、発行手数料が無料ですし、審査もありません
さらに16歳以上であれば作ることができます

カード作成の流れは、

  1. 楽天銀行の口座を作る。
  2. その時にデビットカードを申請する。

これだけです。現在楽天銀行の口座を持っていれば、すぐにデビットカード を申請できます。

口座開設も3分程度でできます。

さらに楽天のデビットカードの良いところは100円につき1ポイント貯まるということです。

ですのでマイプロテインで買い物をすると、

  • マイプロテインからMYポイントを貰える
  • 楽天ポイントが貰える

と一度で2倍美味しいことになります。この楽天ポイントは1ポイント=1円として使えるます。気づいたら1000ポイントくらいは結構すぐ行きます。

登録まで3分で可能

楽天でデビットカードを作るならこちら

海外のサイトでの買い物はカード払いが多いので1枚はカードを持っておくのがおすすめ

より良いプロテインやサプリメントを求めていくと、やはり海外のメーカーで購入することが多いと思います。

日本ではあまりないですが、海外はキャッシュレス化と言って、現金では無くカードで支払うのが最近の主流となっています。

という理由からもマイプロテインが今後も銀行振込に対応しない理由が思い当たります。
カードは1枚以上持っていた方が良いと思います。

カードの方が支払い手数料も手間も省けて良い

代引きだと手数料がかかりますし、銀行支払いだと振り込み手数料が発生したり、そもそも銀行に行かなければなりません。

しかしカードがあると、それらの手間は省くことができます。

先ほどマイプロテインで購入するとポイントが貰えると書きましたが、このポイント分のお金を手数料に使ってはお得感がありません。

以上クレジットカードが無くてもマイプロテインで買い物する方法でした。

登録まで3分で可能

楽天でデビットカードを作るならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました